その一分が遠いのよ

アラフィフのおとうさんが体力の低下に抗いながら走ったりします

【レースレポ】東京チャレンジマラソン③

なかなか進んでいないレースレポの続きです(^_^;)

前回はサブスリーペーサーについて30kmまで大きな問題なく走れたというところまで。

【スタート~10km】42:12(㌔4:13)

【10km~20km】1:22:26、ラップ42:14(㌔4:13)

【20km~30km】2:06:46、ラップ42:20(㌔4:14)

 

今回は手元計時で5kmに刻みます。

なぜなら30kmまでは頑張れて。

【30km~35km】2:28:11、ラップ21:25(㌔4:17)

 

35kmで大崩れしたから(T_T)

【35km~40km】2:51:12、ラップ23:01(㌔4:37)

 

原因は30km過ぎの右ハムストリングスの痙攣。。。

無意識に左脚を庇うフォームになっていたのでしょうね。水門の上りで違和感を感じていた箇所がピキーンと。

以降は騙し騙しペースを緩めたりしてみましたが諸々辛い。心拍数もこの前後で跳ね上がっていたようです。 

f:id:nochibo3:20210329105633p:plain

f:id:nochibo3:20210329105826p:plain


 【40km~ゴール】3:01:20、ラップ10:08(㌔4:37)

 2.195kmを残し、ボンヤリした頭で「㌔4:00まで上げられればサブスリー達成」という計算はできましたが、まあ無理ですよね(^_^;)

 

前後もペーサー集団からこぼれたメンバーで固定されつつありましたが、最後の希望は集団走を嫌って遥か後ろに位置取りしつつ着々と近付いてきていたkudohさん

きっと追いつき追い越していくから、死に物狂いで着かせてもらおう。

ちょうど大会のFBに、死にそうなのちぼうと背後に迫るkudohさんが掲載されていました。
f:id:nochibo3:20210406191723j:image

キツそうながらもしっかりしたフォームで追い越していくkudohさん。「粘りましょう!」と声を掛けてくれます。

刺激しあえる仲間に檄をもらって最後の力を振り絞りペースアップ!

 

 

またハムストリングス攣った(T_T)

 

 

あとは肉体的にも精神的にも地獄の苦しみ。

結局サブスリーには1:20足りませんでした。

 

 

言い訳はしません。

無理な出力をしなくても4:15を二時間続けられる力が足りなかっただけ。

サブスリーできる確信があったわけでもないのに、何だかとても悔しかった(T_T)

 

 

今回、普段は必ず携帯している「2RUN」を切らしてしまい持っていませんでした。

f:id:nochibo3:20210406192834p:plain

痙攣を起こした言い訳をしたいわけじゃないんです。

 

 

ただね、、、

 

 

スタート前に受け取っていた参加賞に、、、、

 

 

ミネラル系のサプリが入ってたw

f:id:nochibo3:20210406202229j:image

なんでスタート前に中身確認しなかったんだろ(T_T)

 

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!