その一分が遠いのよ

アラフィフのおとうさんが体力の低下に抗いながら走ったりします

4月第二週の振り返りとか

f:id:nochibo3:20210412101516p:plain

走行距離は119.5km

概ね目標通りでした。 f:id:nochibo3:20210408193332j:image

月曜日は坂道ジョグ。

厚底レースシューズで重要な「真下着地」のイメージを応用したら、今までゼロドロップでは走り難いと感じていたシチュエーションが少し楽になって良い感じ♪

そのまま厚底シューズに逆輸入して試したみたい(*^_^*) 

 

火曜日はワラーチでほぐしジョグ。

昨晩の感覚をワラーチでも試してみようと序盤は坂道ルートへ。

上手くいくポイントで接地するのがシューズよりもう少しシビアになりますね。

あとつま先が保護されていないのでスピードが出ると単純にコワイ。

 

水曜日はランオフでした。

横浜マラソンのエントリーが始まったけど、セールのアルファフライ買えちゃう値段だし首都高キツいしでそれほど当選したいとは思わない(^_^;)応援に行こうかな。

 

木曜日はEペース走。

坂道キライだけど、積み上げ期はなるべく坂道走ろうと思っています。

 

金曜日はまるおRCの柳島練習会。

朝の晴天から打って変わっての大雨でした(T_T)止んで良かった。

 

土曜日は一日長女におつきあい。習い事の送迎(&待ち時間の新横浜徘徊w)と夕方のお散歩。

夜ちょっとだけ走りました。

 

日曜日はLSD

トレイル→砂浜と変化をつけてみました。

3時間で色々楽しめるお得なメニュー(*^_^*)これなかなか良いな。

 

関係ないけどEPSONさんに厳しい評価を下されました。

秋にはサブフォー出来るようにしっかり積み上げなおそうと思います(T_T)

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

【レースレポ】東京チャレンジマラソン③

なかなか進んでいないレースレポの続きです(^_^;)

前回はサブスリーペーサーについて30kmまで大きな問題なく走れたというところまで。

【スタート~10km】42:12(㌔4:13)

【10km~20km】1:22:26、ラップ42:14(㌔4:13)

【20km~30km】2:06:46、ラップ42:20(㌔4:14)

 

今回は手元計時で5kmに刻みます。

なぜなら30kmまでは頑張れて。

【30km~35km】2:28:11、ラップ21:25(㌔4:17)

 

35kmで大崩れしたから(T_T)

【35km~40km】2:51:12、ラップ23:01(㌔4:37)

 

原因は30km過ぎのハムストリングスの痙攣。。。

無意識に左脚を庇うフォームになっていたのでしょうね。水門の上りで違和感を感じていた箇所がピキーンと。

以降は騙し騙しペースを緩めたりしてみましたが諸々辛い。心拍数もこの前後で跳ね上がっていたようです。 

f:id:nochibo3:20210329105633p:plain

f:id:nochibo3:20210329105826p:plain


 【40km~ゴール】3:01:20、ラップ10:08(㌔4:37)

 2.195kmを残し、ボンヤリした頭で「㌔4:00まで上げられればサブスリー達成」という計算はできましたが、まあ無理ですよね(^_^;)

 

前後もペーサー集団からこぼれたメンバーで固定されつつありましたが、最後の希望は集団走を嫌って遥か後ろに位置取りしつつ着々と近付いてきていたkudohさん

きっと追いつき追い越していくから、死に物狂いで着かせてもらおう。

ちょうど大会のFBに、死にそうなのちぼうと背後に迫るkudohさんが掲載されていました。
f:id:nochibo3:20210406191723j:image

キツそうながらもしっかりしたフォームで追い越していくkudohさん。「粘りましょう!」と声を掛けてくれます。

刺激しあえる仲間に檄をもらって最後の力を振り絞りペースアップ!

 

 

またハムストリングス攣った(T_T)

 

 

あとは肉体的にも精神的にも地獄の苦しみ。

結局サブスリーには1:20足りませんでした。

 

 

言い訳はしません。

無理な出力をしなくても4:15を二時間続けられる力が足りなかっただけ。

サブスリーできる確信があったわけでもないのに、何だかとても悔しかった(T_T)

 

 

今回、普段は必ず携帯している「2RUN」を切らしてしまい持っていませんでした。

f:id:nochibo3:20210406192834p:plain

痙攣を起こした言い訳をしたいわけじゃないんです。

 

 

ただね、、、

 

 

スタート前に受け取っていた参加賞に、、、、

 

 

ミネラル系のサプリが入ってたw

f:id:nochibo3:20210406202229j:image

なんでスタート前に中身確認しなかったんだろ(T_T)

 

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

川名清水谷戸にいってきた(新林公園番外編)

カエルのキャラクター

@いらすとや

 

またまた新林公園の番外編です。

古民家から登り切り、少し下った先のマップにはない分岐を左に進んだおはなし。

f:id:nochibo3:20210406154704p:plain

f:id:nochibo3:20210406153828p:plain

広くはありませんが意外と整備されています。なんでマップにないんだろ?

地権者や地元住民との絡みでしょうか。

f:id:nochibo3:20210406154830j:plain

少しずつ獣道の様相に(^_^;)

f:id:nochibo3:20210406155612j:plain

巨大な割れ岩とそこに生える樹木

f:id:nochibo3:20210406155722j:plain

ワイルドな光景ですね。
f:id:nochibo3:20210406155807j:plain

直線上にいくつも割れた岩が顔をのぞかせています。

f:id:nochibo3:20210406155839j:plain

地下に断層が走っているようですね。

f:id:nochibo3:20210406161422j:plain

緩やかに下ります。

この辺りルートがいくつかわかれていますが、細い尾根伝いなのでそのうち合流。

f:id:nochibo3:20210406161601j:plain

右手下方からはカエルの大合唱とご夫婦と思われる話し声が聞こえます。

f:id:nochibo3:20210406161858j:plain

小径はだいぶ狭くなってきます。ランニングの恰好では夏場は厳しそうですね。

f:id:nochibo3:20210406162034j:plain

下りきったところで未舗装の道路に合流しました。

f:id:nochibo3:20210406162422j:plain

ちょうど、地元ボランティアの方が保全している里山「川名清水谷戸」の入口のところです。

f:id:nochibo3:20210406162904j:plain

奥に進んでみると先ほど話し声が聞こえたご夫婦がいらっしゃいました。

f:id:nochibo3:20210406163340j:plain

狭い尾根伝いを赤線のように降りてきたようです。

崖のすぐ上下のような位置関係ですれ違っていたのですね。

地図の右上に見える道路は藤沢鎌倉線の川名交差点あたり、ロードランや交通機関で来る場合はこちらからのほうが簡単です。

f:id:nochibo3:20210406162819p:plain

こちらも湿地帯やハスの休耕田。

f:id:nochibo3:20210406163717j:plain

整備された新林公園とはまた違った魅力的な場所です(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406163952j:plain

f:id:nochibo3:20210406163600j:plain

f:id:nochibo3:20210406165840j:plain

 

草むらや穴の中を好む見つけにくい種類のカエルですが、若きカエル研究者に教わった㊙テクニックを駆使して発見(*^_^*)
f:id:nochibo3:20210406170214j:plain

ありゃりゃピンボケ(^_^;)

f:id:nochibo3:20210406170357j:plain

ちょっと観察させておくれ(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406170539j:plain

は・な・せ~。

f:id:nochibo3:20210406170638j:plain

精悍かつ愛くるしいキレイな種です。

f:id:nochibo3:20210406170952j:plain

逃げないんだけど絶対にスマホのほうを向いてくれないw

f:id:nochibo3:20210406170735j:plain

しばらく手の向きやスマホの位置を変えているうちに、迷惑そうに池の中に飛び込んでいきました。

遊んでくれてありがとね。

f:id:nochibo3:20210406170903j:plain

ここも住宅地に隣接していながら、里山の自然が残る素敵な場所。

開発計画から守り保全されている皆さんに感謝です。

f:id:nochibo3:20210406171409j:plain



 

おまけ。

「ツク之助」さん「みどりのカエルのみわけかた」 

 

ツク之助さんカワセミの記事で紹介したぬまがさワタリさん一日一種さんいずもり・ようさん

正しい知識と生き物愛、ユーモアと画力も備えもった皆さんの作品が手軽に閲覧できる。本当にいい時代ですね。

 

※このブログはランブログですw

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

カワセミのこととか(新林公園番外編)

 

f:id:nochibo3:20210406123137p:plain

「イラストエイト」さんHPより

 

その名に宝石(翡翠)を纏う「飛ぶ宝石」カワセミ

河川の整備の成果か、子供のころよりよく見かけるようになりましたが、その美しさと繊細さは、やはり見つけるたびにテンションが上がります(*^_^*)

書きかけで放置していた新林公園トレイルの記事を書こうと思ったのは、近所の川でカワセミをみた際のラン仲間とのTwitterのやり取りがきっかけ。

f:id:nochibo3:20210406123726p:plain

f:id:nochibo3:20210406124119p:plain

 

紹介しておいて、いそうな雰囲気すらなかったらちょっと申し訳ないよね(^_^;)

ということで新林公園にGO!

f:id:nochibo3:20210405163211p:plain

トレイルの記事で紹介した「古民家」をまっすぐ(トレイルは左)進むと「湿生植物」ゾーンが見えてきます。

f:id:nochibo3:20210406124715j:plain

園内には野生化したタイワンリスがたくさんいます。岩の向こうからじっとこちらを伺ってる!

そーっと近づいてみると。。。

f:id:nochibo3:20210406125502p:plain

よく似た形の気根でした(^_^;)

f:id:nochibo3:20210406125017j:plain

池のほとりにはザリガニ釣りの一式が。(ゴミを残してはイケマセン)

f:id:nochibo3:20210406125725j:plain

池に渡された木道を渡ります。
f:id:nochibo3:20210406125928j:plain

水面からは人慣れしたアカミミガメが「餌くれー」と寄ってきます(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406130033j:plain

タイワンリスアメリカザリガニミシシッピアカミミガメも、池にいるコイもブルーギルもみんな侵略的外来種

ちょっと複雑な気持ちになりますが彼らに罪はない。新しい生態系の一部としてこの環境を作ってくれているという側面もあります。


今回探しに来たカワセミだって緯度によっては渡り鳥。

自力で越境する種、何かに運ばれて偶然越境する種、人の手で故意に越境させられる種、色々思うところはありますがこのブログはランブログでした(^_^;)

 

池の先には湿地帯。

f:id:nochibo3:20210406131151j:plain

休耕田やせせらぎ等、ここも魅力的なゾーンです(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406131301j:plain

木道を渡り切ると「川名大池」に着きます。

野鳥観察のための遮蔽壁が。これがカワセミに会える確率が高い理由。

f:id:nochibo3:20210406131939j:plain

小窓から息をひそめて池の様子を伺います。

 

f:id:nochibo3:20210406132249j:plain

オーバーハングの多い趣のある環境。これは期待できそうですね(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406132429j:plain

と思ったら、遮るもののない場所で池にカメラを向けるバードウォッチャーに気がつきました。工エエェェ(´д`)ェェエエ工

f:id:nochibo3:20210406132128j:plain

まあ仕方ない。今日は日が悪かったと諦めてタイワンリスと遊びます。

目が合うと寄ってくる。

f:id:nochibo3:20210406133139j:plain

なになに。何かくれるの?

f:id:nochibo3:20210406133211j:plain

なんだ、手ぶらかよ( ゚Д゚)

f:id:nochibo3:20210406133304j:plain

完全に餌付けされていますね。

カメもそうですが野生生物にエサを与えてはいけません。

f:id:nochibo3:20210406133503j:plain

そんなことをしていたら、件のバードウォッチャー氏が遮蔽壁の内側にきてカメラを構え始めました!

 

いた!カワセミ

左の倒木の先に水面から突き出た杭のうえ。写真ではまったくワカランw

f:id:nochibo3:20210406133729j:plain

身体が正面向きなのでオレンジが背景に溶け込んでしまいましたが、会えた(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406133955j:plain

夢中でのぞき込んでいるのちぼうとバードウォッチャー氏をみて小窓をのぞき込む親子連れ。

「何がいるのかな?」「魚?鳥?」などと話し声をあげるたびに、僕をはさんで反対側にいるバードウォッチャー氏が舌打ちをします。おまえずいぶん勝手だな。

f:id:nochibo3:20210406134929p:plain

確かに親子連れの声の大きさは野鳥観察の場としての配慮には欠けますが、彼らの来園の目的はたぶん「楽しく遊ぶこと」

ここに「静かにしてほしい人」がいるということを知らないだけなので、バードウォッチャー氏も舌打ちをするまえに丁寧に説明すればわかってくれるんじゃないかな?

っていうかお前その前にマナー違反な行動してただろ。

 

 

お互いが理解と配慮をもって行動することで、不要に嫌な思いをしなくて済むのではないかと思ったものこのような(↓)記事を書いた理由です。

後味の悪い説教じみた終わり方になってしまいましたが、何が言いたいかというと。

 

カワセミカッコイイ(*^_^*)

f:id:nochibo3:20210406141459p:plain

Wikipediaより

 

おまけ。

「ぬまがさワタリ」さんのカワセミ解説w

この方の対象に対する愛情とユーモアが好きです(*^_^*)

 

byのちぼうa mean man

 

※このブログはランブログですw

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

新林公園トレイルに行ってきた

f:id:nochibo3:20210405173608j:image

新林公園(しんばやし公園)

藤沢市南部に位置する総合公園。

自然と文化財、たくさんの子供向け遊具がそろった魅力的な公園です。

 

広町緑地公園のようにコースの案内をまとめてみました。

僕と同じように「これからちょっとトレイルやってみたい」という方のお役に立れてば幸いです。

駐車場は30台分ぐらい?

今回行ったときは日曜日にも関わらず一台しか停まっていませんでしたが、子供が小さい頃には何度か駐車場待ちをしたことがあります。あと閉場がとても早い。

※閉場は早いけど閉じ込められた場合でも錠は掛かっていないので出場は可能です(悪用禁止)まあ走っていくことをオススメしますw藤沢駅から1kmちょっと。

f:id:nochibo3:20210405173642j:image

園内マップはこんなカンジ。

赤字の外周散策路が主なトレイルコースです。

f:id:nochibo3:20210405163211p:plain

藤沢市HPより

 

※なお現地ガイドとして使用するための地図は、地元の「湘南村岡不動産」さんのHPのものが非常にわかりやすいです(*^_^*)

 

広場を抜けると藤棚のところに古い建物がありますが、これはマップ上の「古民家」じゃないので注意(長屋門という建物だそうです)

今回はここをスタートゴールにします。

f:id:nochibo3:20210405180247j:plain

古民家はその先。行ったときは門が閉まっていて入れませんでした。。。

f:id:nochibo3:20210405180639j:plain

外周コースは古民家の裏を左に入ったところ。

f:id:nochibo3:20210405180630j:plain

※ちなみに古民家を真っ直ぐ進むと魅力的な里山ゾーンが広がります(*^_^*)

  

トレイルの入口には園内の案内図が。

外周コースなので2箇所の例外を除いて、基本的には左へ左へと進めばOK。
f:id:nochibo3:20210405200335j:image

いきなりの階段。
f:id:nochibo3:20210405200357j:image

なかなかハードです。

 

コースの途中にある「獣落とし」

狩猟用の落とし穴ですね。f:id:nochibo3:20210405200754j:image

猟としてはどれぐらいの効率だったんでしょうね?そんなドン臭い野生動物いるのだろうか?

f:id:nochibo3:20210405200813j:image

登り区間は木の根が密集したゾーンが多いです。

グネらないように注意。僕は二回軽くやっちゃいました(^_^;)
f:id:nochibo3:20210405200901j:image

軽快に飛ばせるゾーンも(*^_^*)
f:id:nochibo3:20210405200915j:image

どのエリアもよく整備されていて気持ちいいです。

f:id:nochibo3:20210405201021j:image

広町のように「クモの巣に捕まる」ような狭い箇所はほとんどありませんね。

f:id:nochibo3:20210405201045j:image

f:id:nochibo3:20210405201135j:image

少し下りになった先に

f:id:nochibo3:20210405201218j:image

このような分岐が(例外1)ここは右へ。

ここの分岐はどの園内マップにも記載されていないようです。
f:id:nochibo3:20210405201241j:image

※左に進むと獣道から別の里山に出ることができます。夏場はトレラン装備ではちと厳しいかも知れません。

 

シダが生い茂る薄暗いエリア。ジャングルっぽくて好き(*^_^*)
f:id:nochibo3:20210405201303j:image

ここの分岐はどちらでも大丈夫です。

眺めの良さそうな左のルートを進んでみます。
f:id:nochibo3:20210405201413j:image

そうでもなかった(^_^;)
f:id:nochibo3:20210405201447j:image

木漏れ日が心地良いです♪
f:id:nochibo3:20210405201859j:image

右ルートと再合流。
f:id:nochibo3:20210405201915j:image

再合流したようなしていないような並行した二本の小径(^_^;)
f:id:nochibo3:20210405202007j:image

そのまままた分岐(例外2)この辺りがコースの中間地点ですね。
f:id:nochibo3:20210405202057j:image
「古民家口へ」が今来た方向。ここは看板に沿って一番右の(「冒険広場口へ」ルート)へ。

 

※左に向かうと片瀬山の住宅地に出ます。

片瀬中学校の激坂を攻めたい方はこちらからどうぞw

f:id:nochibo3:20210405210528j:image

f:id:nochibo3:20210405210547j:image

右ルートを進みます。
f:id:nochibo3:20210405202121j:image

向こう向きの立て札がありますね。
f:id:nochibo3:20210405202221j:image

見晴台だって。
f:id:nochibo3:20210405202242j:image

おー!ここは良い眺めですね♪晴れていれば富士山も見える方角。
f:id:nochibo3:20210405202255j:image

もとのルートに戻ります。ここからは下り基調。
f:id:nochibo3:20210405202339j:image

住宅地と隣接した「休憩広場」を抜けて。

自然散策路

※広場の画像は撮り忘れたので、先ほどの湘南村岡不動産のHPからお借りしました

 

唐突にウッドデッキ。
f:id:nochibo3:20210405202417j:image

右側が急傾斜になっているようですね。
f:id:nochibo3:20210405202516j:image

この先はずっと下りだと思っていた矢先での登りは心を折られます(^_^;)
f:id:nochibo3:20210405202651j:image

しかもわりと急(T_T)
f:id:nochibo3:20210405202710j:image

その先をもう一度下るとこのようなT字路に。f:id:nochibo3:20210405202809j:image

右に行くと古民家先の「湿生植物区」に出られるようですが、ここは左の外周コースへ。
f:id:nochibo3:20210405202828j:image

不規則な階段と並走する傾斜コース。
f:id:nochibo3:20210405211343j:image

ライン取りやランナーのスキルによってかなりタイムに差が出そうなエリアです。

f:id:nochibo3:20210405203002j:image

「冒険広場」が見えてきました。
f:id:nochibo3:20210405203027j:image

市営の公園とは思えないほど充実した遊具。
f:id:nochibo3:20210405203048j:image

娘が小さい頃はよく連れてきたなあ(遠い目)
f:id:nochibo3:20210405203105j:image

今日は随分空いていますね。
f:id:nochibo3:20210405203124j:image

奥の階段(もしくは広場脇のスロープ)を下りればスタート地点です。
f:id:nochibo3:20210405203155j:image

再び長屋門の前へ。

全長1.5km程度のコンパクトなコースですが、アップダウンも飛ばせる平地もあり、何より道に迷うことがほとんどないという、練習にはちょうど良いコースです。

 

お疲れさまでした!
f:id:nochibo3:20210405203214j:image

 

自動販売機はありますが現金のみの対応ですので注意。
f:id:nochibo3:20210405211635j:image

アクセスも良く、民家に囲まれていて初心者にも安心感のあるコースです。

 「行ってみようかな」と思われた方はこちらの記事にも目を通して頂けると嬉しいです。

市民にもハイカーにもランナーにも優しい素敵な場所。

マナーを守れず「トレイルランは禁止です」等ということにならないように、お互い気を付けたいですね。 

 

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

ちょっとトレイルランのこととか

f:id:nochibo3:20210405181310j:plain

以前書いた広町緑地のように、新林公園のトレイルコース案内もまとめてみました。

僕と同じように「これからちょっとトレイルやってみたい」という方のお役に立れてば幸いです。

 その「ちょっとトレイルやってみたい」方に、ぜひ心に留めておいて頂きたいことを書いていたら、思いのほか長くなってしまったので記事として独立させました。


トレランについてあれこれ語れるほどの知識や経験はありませんが、若いころ熱中した釣りやオフピステでのスキー等と、周囲から受ける評価や、貴重なフィールドを自らの手で台無しにしてしまう恐れがあるという構造はよく似ていると思うので、自戒を込めてのまとめです。

f:id:nochibo3:20210405181159j:plain

コロナ、台風によるコースの閉鎖等、トライルランナーの置かれる環境は以前にも増して厳しくなってい(ると思い)ます。

 

広町緑地もそうですが、新林公園も基本的には公園内のハイキングコースであり、散策や犬の散歩、家族でウォーキング等様々な目的でコースを使用している方がいらっしゃいます。狭い山道を駆け寄ってくるランナーは脅威や迷惑以外の何物でもありません。

 

個人的には声が届く距離まで近づいたら、明るく元気に「こんにちは」と声を掛けて一度走るのをやめています。

ほとんどの方(経験ではヘッドホンをしていた方を除き100%)が脇によけてコースを開けて下さいますので、挨拶と同じようにはっきりとお礼を述べながらすれ違い/追い越してから再び走り始めます。

「どういたしまして」「頑張るねぇ」「すごい」等の返事を頂けると、視界から消えるまで頑張らなくちゃと自然とペースアップしますw

 

本格的なトレイルコースは未体験ですが多分同じですよね。

相手が「ちょっと近所にお散歩に」から「ガチのハイカー」「登山家」に変わる分、ランナー(の振る舞い)に向けられる目は厳しくなることすらあるように思います。

 

 「これからトレイルランにチャレンジしてみたい」という方はぜひ「日本トレイルランナーズ協会」がまとめた「安全・マナーガイド」も読んでみて下さい。

「TRAIL RUNNING SAFETY&MANNERS GUIDE」

f:id:nochibo3:20210405171220p:plain

f:id:nochibo3:20210405171316p:plain

 

楽しく走れるトレイルは、アウトドアを楽しむみんながゆったりした気持ちでリフレッシュできる貴重な場所。

「挨拶」「ゆずりあい」「自然保護」の心を忘れずに遊ばせて頂きたいですね。

 

僕もまだまだ勉強中です。

「これも気を付けたほうがいいよ!」「これが足りない」等のアドバイスがあればぜひ教えて下さいね。

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!

4月第一週の振り返りとか

f:id:nochibo3:20210405101553p:plain

走行距離は125km

東京チャレンジマラソン(未だにレビュー終わらず)前の水準まで戻りました。

出ようか迷っていた小規模レースもエントリーしないまま終わり。ここからはまた秋に向けてしっかりした土台を造っていきたいと思います。

 突貫工事のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

月曜日はランオフ。

金土で高負荷なセット練

日曜日はランオフかゆるトレイルやワラーチでのアクティブレスト

月曜日は完全な休足

のパターンが定着してきました。

 

火曜日はワラーチでほぐしジョグ。

最近のヘッドライトは軽くて明るいですね。良い買い物したなあ(*^_^*)

Twitter界隈はNIKEショップのセールで盛り上がっていましたが、過去に買い物していたみたいだなあ(^_^;)

当時マンゴーカラーが欲しくて買ったものの、ちょっと恐れ多くて履けないまま仕舞ってあった。サブスリーできたらおろそうと思ってたんだけど。。。

いいよね、今回のNIKE祭りであまり速くない人も履くようになるよね(^_^;)

 

ということで水曜日に午前休で柳島!

うん、噂通り手強いw

 

木曜日はランオフ。

支部長が柳島練習会の告知をしました。

毎週金曜日に開催していますのでご都合のつく方はぜひ!

 

そして金曜日。
f:id:nochibo3:20210405125319j:image

仕事がおしたので補給しながらのジョグでw

珍しくガッチリスピード練しました。

スピ練頑張ったので久しぶりに二倍ダブチ♪

ちょっと食べ過ぎだな。。。

 

結果、土曜日は無補給で160分まで走れましたw

セット練のLSD(坂多め)

シーズン中は坂道練サボリ気味だったので、毎月富士山登頂ぐらいの目標を掲げて坂道やトレイルも積極的に入れていきたいですね。

 

日曜日は雨でランオフの予定だったのですが、午前中は大丈夫みたいだったので新林公園へ自然観察トレイル。

f:id:nochibo3:20210405125123j:image

広町とはまた違った魅力のあるお手軽コースなので、そのうちブログにまとめたいと思っています。(先に東京チャレンジマラソンの振り返りやれw)

 

帰宅後は長女と次女と広町緑地公園へw
f:id:nochibo3:20210405125203j:image

里山三昧の日曜日でした(*^_^*)

 

 

おしまい。

※スターやコメントを頂けると、嬉しくて練習のペースが上がります!